注目アイテム!スウェットもオリジナルデザインで一体感を!

オリジナルスウェットを作る!

2018年09月28日 13時56分

『注文依頼も簡単お手軽!』

昨今、パーカーやトレーナーやスウェット等、業者に注文依頼して簡単にオリジナルデザインのアイテムを作成する事が出来るようになっています業者が取り扱っているスウェットに関するア色々なアイテムの中から、自分達が希望する商品を選択して、カラー・サイズ・本数を指定すれば、後は自分達が好案したオリジナルのデザインを業者に入稿するだけでOKです。また、不明な点に関しては電話やメールで相談する事が出来るので、初心者でも安心して依頼する事が出来ます。

『スウェットの形や素材について』

一言でスウェットと言っても、形や素材にも違いがあります。自分のイメージする形や質感や厚み等、スウェットも色々な種類から選択出来るようになっています。ここでは、主に業者で用意されているスウェットの形や素材をご紹介します。
【スウェットの形の種類とは?】
・「ベーシック型」  :スッキリとしたシルエット
・「裏起毛スウェット」:しっかりとした厚手素材の厚みのあるシルエット
・「ノーマル型」   :手頃な厚みと軽さのシルエット
・「ギルダン」    :アメリカの若者の定番シルエット
・「ルーズ型」    :スポーツ向けのゆったりシルエット  等
【スウェットに使用されている素材とは?】
・コットン
 ⇨繊維の中でもコットンは、最も肌触りが心地良い特徴があります。柔軟で適度に弾力もあります。コットンの繊維の先端に丸みがあると、肌に触れた時に感じるチクチクとした刺激
  を感じる事がありません。
・ポリエルテル
 ⇨シワになったり型崩れしにくく、衣類の着崩れが気にならない特徴があります。洗濯をした際も
  傷みにくく、お手入れもしやすいです。吸水性に優れており、水に濡れても乾きやすいというメ
  リットもあります。また、高温にも耐える事が出来るので、アイロンをかける事も出来ます。
・裏起毛
 ⇨特殊な加工を施して裏毛の表面を毛羽立たせた物が裏起毛です。 裏毛の繊維が毛羽立つ事で、生
  地にボリュームが出て空気を多く含むようになるので保温性を高める事が出来ます。
このように、オリジナルスウェット作成を行っている業者では、様々なスウェットの種類を用意しています。なので、アイテムを使用する目的、用途、希望に合わせて形や素材を選ぶ事が出来ます。それと同時にスウェットのカラーについても豊富なカラーバリエーションが揃っているので、自分好みの好きなカラーを選ぶ事が出来ます。
 

『オリジナルスウェットの良い所とは?』

【特別感が出る】
オリジナルスウェットは、”オリジナル=特別感”に繋がります。自分達にしか出す事の出来ない一体感を肌で感じる事が出来る良さがあります。他の人が決してマネする事の出来ない自分達の個性や特徴をスウェットのデザインに取り入れられる為、仲間の中でも一人一人がアイテムに対する親しみや愛着も増します。このように、スウェットを活用して自分達の存在を強く周りに目立たせる事が出来たり、仲間との心の絆を深める事も可能です。
【記念品・実用性】
オリジナルスウェットは、仲間内で活用する機会が終了してしまっても記念の品として保管しておく事も可能です。オリジナルスウェットを目にする度に当時の出来事が鮮明に蘇ってきて、思い出を楽しむ事が出来ます。また、家に居る時に着用するルームウェアとして着用しても良いですし、スウェットのデザインがオシャレな物であれば普段使いとして着用する事も出来る実用性があります。

まとめ

今回、オリジナルスウェットについて様々な視点からその魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?オリジナルスウェットの作成は、作成する価格に関しても大変リーズナブルでありながら、加えてコストパフォーマンスの高い所が非常に魅力でもあります。そんなオリジナルスウェットは、これから押さえておきたい”定番オリジナルアイテムの一つ”と言えます。仲間と一緒に何かオリジナルな物をと考えておられる方は、是非、オリジナルスウェットを作成してみてはいかがですか?